上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.08 走れ犬型ロボ
実験で作るロボットが決まりました。

侃々諤々(?)の協議の末、

自動走行式犬型ロボット

に決定!!


プログラムにしたがって忠実に走ります!(予定
右に左に自由自在です!(予定
並み居る障害物をすいすい避けてくれます!(予定
落差があっても負けません!(未定
AIBOも顔負けの四脚走行です!(断念


ロボットのテーマは「スポーツ」でした。それでなんで犬が出てくるのかというと、「ドッグレース」ってのがあるじゃないですか。犬と一緒に走っていって、板を乗り越えたり、何かの下を潜っていったり。あれを表現してみようってことにしたんです。
理由は簡単。人間のするスポーツに比べて、力学解析がしやすいから・・・

だって走るだけですもの

四脚走行にしようかという案もでました。でましたが、モーターの数が足りないのと、材料がないのとで断念。
真っ直ぐ歩くだけなら割と簡単に設計できるんですが、左右に曲がるという動きを加えるととたんに難しくなりまして、予算と時間の関係上、結局タイヤで走ってもらうことになりました。

さて、問題はタイヤで走る外見だけ犬型のロボットの面白味です。プログラムにしたがってポールなんかを避けてくれるのは確定事項ですが、どれだけ面白いロボットになるかはコースやプログラム、その他の要素と、これからの設定しだいになりそうです。

我らが未生出のわんこの成長にご期待あれ(?)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/97-f9f81f1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。