上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○1週間前

(S川)
「テスト終わったらプール行かない?」

(つばめ)
「行く」


テストのお疲れさん会ということで、クラスの連中7人でプールへ。このときは、もちろん計画段階。暑いのにうだっていた私はもちろん快諾。試練の数々が待ち受けているとも知らずに・・・(ぉ

(S川)
「みんな水曜にはテスト終わるって話だったから、金曜に行くことにしたわ。つばめはテストいつ終わるの?」

(つばめ)
「土曜」

(S川)
「・・・」

(つばめ)
「・・・」

(2人)
「・・・・・・・・・(ニヤリ)」


拉・致・軟・禁!!!タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!

テスト前日でしたが、夜の7時には帰るとの約束で連行承諾。私としても最終日(土曜)のテストだけはなんとかなる気満々だったので、前々日にやるだけやって楽しんでこようともくろんでいました。

(S川)
「じゃぁ、どこのプール行くかは決めておくね。当日は朝6時出発だから」


○前日(テスト前々日)

レンタカーのサービスは前日午後5時~翌日朝9時で一日料金なので、私を除くメンバーはこの日夜にボーリングに行ったようです。次の日もプールだと言うのに、元気なもんです。私はここで連行されるとさすがにテストきついので、パスしました。

そんで、夕方ごろから一旦昼寝をした後、日付変更くらいまでおとなしく勉強。明日も早いから、そろそろ寝ておくかなと思ったくらいの頃でした。

(S川[メール])
「出発が少し早まるかも!念のため12時までにプールいける用意しておいて!!迎えに行くから」


・・・え?

12時って夜の12時!?それって『少し早まる』程度の予定変更なんスか!?
さすがに不可解ではありましたが、S川といえば『突然の深夜ドライブ』の達人。「かも」ではなく、「絶対」深夜出発だな、と覚悟を決めて出発を準備。なんでそうなったかを尋ねるのは野暮ってもんです。だって、そんなもんボーリングでテンションあげて来たやつらの答えは

ノリ

に決まってるんですから。

余談ですが、実家から水泳用具など持って来てない私は用意する道具なんてありません。そこんところは伝えてあるはずだったので、何用意するのか聞いてみたところ

「いとしさとせつなさと心強さと」

と、ステキな返事をくださいました。




○で、出発(一応日付だけ変更したので当日)

(つばめ)
「ところで、どこのプール行くの?」

(A川)
福井

日本海側っすね。リンク先の地図の12時方向に東尋坊とありますが、ちょうどその付近です。私の家は琵琶湖の南です。いや、ドライブって時点でどうせ長距離なのはわかってましたが、ちょっと生半可な距離じゃないです。夜1時出発で片道4時間のドライブ。カーナビは朝5時到着と計算結果をたたき出してくれました。世界一(世界最長・最大落差)の浮き輪ウォータースライダーがあるという理由でそこを選んだらしいです。


帰りも運転しなきゃならないとか、バイトがあるとかで、後部座席には出発前から死体の山。私も体力温存したいところではあるのですが、いかんせん寝る体勢を作らなければ寝れない人間なものでして、運転席、助手席の2人とネタを交えつつ深夜ドライブを満喫してました。

(つばめ)
「でも、5時到着で9時開園でしょ。それまでの時間どうすんのさ?」

(A川&S上)
「聞くな」

前途多難です。


なんだかんだと、到着。福井県芝政ワールド
なんか、私が旅行記書くと本番より過程の方が長くなるんですが、今回もご多分に漏れず、予定に無かったことが満載でした。とりあえず、ついたはいいけどやることがないからと、すぐ近くにある東尋坊を見学に。


雄大な自然
崖の上から

いやはや、絶景かな。


朝5時だというのに、なぜか家族連れを発見。子供が来るような場所ではなかったんですがね。
なんか、自殺の名所扱いされている東尋坊。「あなたの帰りを待っている人がいます」という張り紙と山と詰まれた10円玉がある電話BOXがあるとかないとか。まぁ、現物は発見できず。しかし、

(K口)
「ちょっと、そこから覗いてみろよ。すごいから」

どれ、そろりっと・・・

(つばめ)
ムリ

ダメ。絶対ダメ。ヘタレ扱い大いに結構。あんなところから海を覗き込んだら絶対堕ちる。落ちるというより堕ちる。どっか別の世界に引き込まれるんでないかって雰囲気ビンビン感じました。
なんとなく、自殺の名所くささを実感してしまいました。


そいで、もちろん記念撮影。
東尋坊で記念撮影


その後近くの国立公園雄島
を見学。例のごとく蚊にボコボコにされ、朝食ついでにまったりして目的のプールへ行きました。


また、長いんで、続きはこのあとで。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/67-f4607f12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。