上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか地元ネタをカテゴライズしたら、結構な件数になりそうだと思い出した今日この頃。

飛行機のチケット取れたので、8月2日に帰郷が決定。ホームシックってのは懐郷病の名のごとく、ホームよりホームタウンシックになるんだと実感。気がつくと、向こうに帰ることばかり考えてるような気もします。まぁ、すべてはテストが終わってからだ・・・ハッハッハ


以前書いたように、北海道ネタはなぜか盛り上がるので不思議なものです。ballade-Tさんや新宿(というあだ名。不思議だ・・・)の場合も同様らしく、今回は方言の話。

北海道弁じゃないです。方言です。と、いうのもですね。この間、メッセンジャーで話しかけられて、どうも方言の話をしていたようなのですが、

サビオカツゲン焼きそば弁当

といった地元でしか通用しない単語にクレームがついたらしいのです。
これ、全部商品名でしてね。

サビオってのは「カットバン」、絆創膏のことです。カツゲンは「ヤクルト」の親戚みたいなもんですし、焼きそば弁当は「幕の内」ではなく「UFO」の親類です。

こういった、北海道限定チックな商品は地元の人にとっては全国版だと思っている人も結構居て、「焼弁」や「ガラナ」が北海道限定なのは有名だとしても、新宿くんは「サビオ」が通じないと知らなかったらしいですし、私も今回の件で初めて「カツゲン」が限定品であると知りました。


まぁ、ようするに、なんだその変な単語の数々はと言われたらしいのです。私も以前「サビオ」が口をついてしまい、説明を求められた挙句、
「アホか。絆創膏は絆創膏や!」
とK平にお叱りを受けたりしました。

いや、まぁバカにされても困るんだけどさ。

歴史が浅いためか、地元弁は薄い北海道。せいぜい語尾に「だべ」がつくくらいかと思ってたんですが、それだって、ほかの地方で使われていたのが伝わってきたようなものでしょう。しかし、言われてみるとなぜか北海道産らしい単語が出るわ出るわ。いやはや、知らないことって結構あるんだなぁ、と思い知らされました。

みなさんの地方にも、限定品や限定語があったりするんじゃないですか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/61-fdd34d58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。