上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.22 試される大地
私の地元、北海道トークで盛りあがった。


・一家に一台薪の暖炉がある。
・電気が通っていない。
・野良キタキツネが繁殖している。
・白熊が出る。
・道端に白熊が現れた。↓
・白熊保険が便利。↓
・白熊に倒される。おお、○○よ、死んでしまうとはなさけない。↓
・白熊保険に入っていれば市に除雪金を払うことでもれなく生き返る。
・流氷で樺太まで地続きなので、自転車で行ける。
・冬場はマンモスやサーベルタイガーが見られる。
・北海道の暴走族はスノーモービルを使っている。
・もちろん、冬の交通手段はスキーのみだ。
・市バスのかわりに犬ぞりが走っている。
・基本的に主食は羊肉。
・鮭を狩るときは、人間と熊で戦争になる。
・ふつう隣の家まで5分かかる。
・人口より牛の数のほうが多い。
・実はロシア領。


どれか一つでも心当たりのある道民の方、よろしければご一報ください。
普通にあった話。


・雪が積もると簡単に背丈より大きく積まれる。
・市内に熊が出る。
・時計塔は見てはいけない。しょぼいから。
・オーロラが観測されたこともある。
・真夏日の定義は知らなくても真冬日の定義は常識。
・ゴキブリがでない。
・すすきのにはゴキブリ出るらしい。
・青函トンネルは新幹線が通れるが、そもそも北海道に新幹線などない。
・ママさんダンプの意味がわかる。
・登別熊牧場と三井グリーンランドのCMはみんな知ってる。

なぜか、北海道トークは毎回盛り上がる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/50-8f862172
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。