上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.03 第六大陸
 以前読んだ本ですが


 小川一水著 「第六大陸」ハヤカワ文庫


 プロジェクトXが好きな人にはオススメの本です。SF小説で、上下巻の2冊組。近未来を描いた作品ですが、命題は「月に結婚式場をたてること」。SFではあるものの、月に行く手段も建物を造る手段も現実と大差ありません。ちょっと背伸びをすれば届くんじゃないかって距離の近未来が本の中に広がっています。


 第六大陸というのは、地球の5つの大陸に続いて、月を6つ目の人が住む大地にしようと名付けられた名前。なんで結婚式場かっていうのは読めばわかります。
月に人が住んでいて結婚式場を建てようというのなら、そう大それたことじゃないかもしれません。ですが、まだ月には一部の研究員が「ミール」のような月面基地が置いてあって、生活しているだけというのがポイント。ほとんど0の状態からどうやって月に建物を建てるかがプロジェクトX並みの緊張感を与えてくれます。

 問題は山積み、予算はギリギリ。あのNASAを敵にまわして一企業が大奮闘。月に建築という大事業。ぜひ手にとって体験してみてください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/38-d1c5dc71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。