上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.05.20 I,ROBOTICS
な~んか忙しい。PCで遊んでる暇もなくなってきたよ・゚・(ノД`)・゚・


 今日はいろいろとロボット紹介。


 ひとつめ。ランドウォーカー。           ASHIs.jpg




 ま~た、どっかでみたことある風体ですよね( ̄▽ ̄;;)
 ぶっちゃけ、用途もなにもない、今の大人が昔夢見ていた物の具現体。おもしろいことに、機関砲モドキからスポンジ球を打てるという特殊技能つき。こうしてみるとMSも夢じゃないですね。以前のガンタンクもそうでしたが、しばらく放っておけばアニメとそう大差なくなりそうな勢いです。

 ちょっと私的意見を。今世の中に出ているロボットの製作者たちは、だいたいアトム世代。ちょっとおじいちゃんな彼らは、ヒューマノイドの御友達が百万馬力を駆使して悪と戦うことに夢見ていた世代です。それでできたのが、アシモ。なら、次にロボットを作るガンダム世代な大人たちがつくるのは、もしかしてランドウォーカーのようなものが増えてくるのでしょうか?
 すげぇことになりそうだ。



 ふたつめ。以前書いた愛知万博に展示されるロボットの話。

 そのうち、案内ロボットについては以前の通りなんですが、ちょっとその活動風景を納めたビデオを見ることができました。

 感想:バリ滑稽

 やはり、多彩といえどパターン化された応答では見てるだけで痛ましい奮闘振りを見せてくれるだけで精一杯。ある程度どんな返答が帰ってくるものか予想できる(ロボットの返答に期待していない)人たちとの問答はまぁ、いいでしょう。こんなもんだ、という内容でした。
 ただ、相手がロボットであるということしかわからないおばあちゃんとの会話がすごかった。なんていうか、火星とのリアルタイム交信でもこうはならないだろうといった会話振り。しまいには、ロボット側が丁寧な口調でおばあちゃんを追い払うようなセリフをはくという奇行を演じてくれました。

 やはり、ロボットに案内させるっていうのは、100年早いんじゃないっすかね。

 

 もうひとつ、うちの大学が万博にいくつかロボットを提示するという話について。秘密といいつつおもいっきり自慢してくる教授のおかげで、そのいくばくかを知ることができました。


 どうも、赤ん坊がスーパーボールを握りつぶせるくらい優秀なパワーアシストロボットが展示されるらしい。


 ・・・危なくねぇ?手に持つ道具タイプのロボットで、グリップとものを握りつぶす持つ把持部分からなるものです。使用者のちょっとした手の動きに応じて、ものをつかむことができる優れもの。
 開発した本人いわく、道具は使う本人次第で武器にもなる。そうですが、正直、私はこんなもの怖くて使えません。資料映像では、スーパーボールは一瞬で粉みじんに吹き飛んでいました。

 どんな道具でも使い方を誤れば人に危害を加えることになってしまいますが、ロボットについてはむしろ開発側に近い私からして、怖いとしか言い様のない道具です。むしろ、一般の人たちには、ロボットが怖いという認識より、ロボットそのものを知らないので、なんとも言えないかももしれませんね。
 これからロボットが出回ることが多くなったとして、その中のいくらかは、人間には出せない力を「簡単に」出す種類のものです。彼らロボットとの付き合い方は少し慎重なことになるのではないかと、私は考えています。
以下、道案内ロボ(仮称)の行動詳細

係りのおねぇさん「彼氏はいますか?」

ロボ「彼氏?ただいま募集中。」(以下、なんだかうれしそうな口調で話しておられた)



おばあちゃん「こんにちは」

ロボ「・・・」(聞こえなかったらしい)

お「こんにちは」

ロボ「こんにちは。愛知万博へようこそ。私は皆様のご案内を務めさせていただいております。わからないことがありましたら、なんでもお聞きくださいね。」

お「こんにちは」

ロボ「こんにちは。愛知万博へようこそ。私は皆様の・・・」

お「こんにちは」

ロボ「・・・ご案内役を勤めさせていただいております。わか・・・」(全部言わなきゃならないらしい)

お「こんにちは」

ロボ「それでは、ごゆっくりお楽しみください。私はいつでもこの場所で皆様をお待ちしております。何かわからないことがございましたら、また来て下さいね。」(会話をあきらめたのだろうか)

お「はい、どうも」(素直に立ち去った)

注)これはフィクションではありませんが、多分の偏見をくわえて編集されております。実物とは関係ないかもしれません。
 


 おばあちゃんはボケておられるのではなくて、他にロボットに対してどう接したらよいのかわからないんですよね。
 開発者のみなさま、彼氏がどうのという受け答え作ってる暇あるんですか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/31-ef4ae091
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。