上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.09 始めの一歩
早速ID-01を組み立て。
6号分はちと疲れた・・・
毎週ちょっとずつがちょうどよさそうです。

やっぱり、ちゃんとしたロボットは部品もしっかりしていて、とりあえずここまで組み立てた範囲で言うとLEDや集音マイク、タッチセンサなんかが付いてます。モータもエンコーダがついてて、いかにもロボット用って感じです。ちっちゃいけど。アクチュエータとか言われて一般人わかるのかよ、とか思ったりしましたが、わかんないならわかんないで、謎の部品として組み立てることはできそうです。
組み立ててる間も、エンコーダをずらさずに初期位置にしないといけないとか、モータと各種ギアがミニ四駆(あるいは例の犬)なんかとは比べ物にならない感じのややこしさです。知識があればすんなり行けるけど。

まぁ、何言ってるかわっかんねぇよ。って人は流し読んでくださったでしょう。
で、

ID-01headその1

組み立てるとこんな感じ。
頭です、はい。

で、早速なんで、まだ付いていないバッテリーの代わりに単三電池3本買ってきて、試乗運転。
現在のところ、頭の上に触れると静電気を感じ取って光って頷くというシステムらしいです。アイボなんかでおなじみですね。では早速・・・

おぉ、光った。

・・・

おぉ、別の色で光った。

・・・

おい、何でモータ音聞こえてるのに動かないんだ。

・・・

(・ω・`)(試行錯誤中)

・・・

(´Д`;)(思考錯誤中)

・・・

ネジで締めてるからあけるのメンドクサイ。しかし、動かさなきゃ意味ないんで、モータ類から分解する羽目に。

うわ、ベルト外れてるし・・・

いろいろトラブるのは仕様です。
今後はもう分解したくないところですが、まだ明らかに使ってないパーツが頭部にごちゃまんとあるので、またどうせ分解するんでしょう。
ビバ、各週増加パーツ


とりあえず、直したら動いてくれました。
1回触れると頷いて、もう1度触れると戻ります。
【モータの外付けになってるエンコーダ、反応してないのにモータがちゃんと止まるってのは、どういう冗談だ?】

あぁ、そういえば、ID-01って何者?って質問あったので、リクエスト。

正式名称:ID-01
市場販売なし。DeAGOSTINIの週刊myRobotについているパーツを組み立てる以外に入手方法なし(ホントか?)
頭部パーツ(上写真を参照)についている二つの黒い穴は、眼と見せかけて耳といういかにもロボットくさい擬態機能付き。
ちなみに、眼は額に付く予定らしい。
週ごとに増えるパーツしだいで、いろいろと機能がつくらしいが、今のところは不明。
基本的には、「聞く、見る、話す、動く、反応する」が主な機能らしい。

まぁ、詳しくはココでも見てください。たぶん詳しくないけど。


他になんか機能が追加されたらレポートします。

なんか、時間があったので整頓(いらない物を無くし、いる物だけにするの意)をしてみた。

ちなみに、整理(いる物といらない物を分け、いる物をわかりやすい所に置くの意)はしてない。

ちょっとID-01用のスペースを作るだけのつもりが、気が付いたらゴミ袋が5袋できていた。
どんだけ溜めていたんだって話。

これらの行動について、青樹つばめの生態に詳しい西川英臣教授(仮名)(無免許)はこう語った。
「青樹つばめが部屋の片付けをするというのは非常に珍しい行為です。私も長年彼の部屋を観察してきましたが、このような行動を取った記録はありません。今回の記録を元に一層研究が進むことでしょう」
西川教授(仮名)(無免許)
【青樹つばめの珍しい行動に不安を隠せない様子の西川教授(仮名)(無免許)】
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/155-83c1bee5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。