上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スキーに行ってきました。
長野県は白馬岩岳スキー場。1泊4日の旅行でした。

 今年最大だとかいう寒波真っ只中の長野県は北海道生まれの私が見たこともないほどの雪で埋もれていました。12月であの降雪量はちょち体験ないです。
 大学のクラスメイト5人とともに京都駅にてバスを待ち(40分待たされて)6時間をかけて深夜バスの旅。とりあえず2日目の朝に到着後、すぐさまゲレンデに駆けつけました。

 私を除いて昨年もスノーボードをしに雪山に出かけたという一行。まずは全員スノボを借りてみることに。あいにくの天気の中、とりあえず全員経験だけはあるという似たり寄ったりのレベル。私もスノボは2度目の経験で、雪山初日は人間雪だるま製造日でした。いやはや、転ぶだけならいいのですが、慣れたスキーで転ぶのと慣れないボードで転ぶのは天地の差。胸から突っ込んで息が詰まるような大転倒を何度か繰り返し、なんとかコツをつかんだころには無駄に使った筋肉で全身疲労の塊になってしまいました。
 スノボというのはどうも覚えようと思えば割かし楽に習得できるスポーツらしく、その日の終わりには無難に滑れるようになった一行。とりあえず

つばめ
「しんどい」

ので宿へ。無難においしい夕食を食べたころにはみんな寝てるんだか起きてるんだかわからない状態でした。でも、さすがに9時就寝を決め込む良い子ちゃんは存在しなかったので、大富豪大会でした。燃えた燃えた。


 
 2日目(旅行3日目)
 起床とともにゾンビ発生。全ての動作に無難に痛みが付属するかつてない全身筋肉痛にうなされ、布団の中で身悶えるヤロウドモ。
 スノボってこんなところの筋肉使わねぇだろ!!ってところまで痛みが走り、階段上るのにもビキッ、服を着替えるのにもビキッ、全身痛くないところを探す方が難しいような有様で朝を迎えました。
 でも滑れるのは2日間しかなかった上、宿も引き払わねばならなかったのでとりあえずスキー場へ向かうことに。
 私を含めたスキー経験者3人がスキー、残りがボードを借りて2日目のゲレンデ。昨日の天気が嘘のように晴れ間が除き、筋肉痛を抱えながらも気持ちよく滑れました。まぁ、動いてしまえば痛くなくなるのが筋肉痛。そもそも動けるのかが心配なところでしたが、6名全員だいぶ楽しんでました。
 初心者のはずのスノボ組は2度目にしてだいぶ経験値をつんだらしく、上級者コースへ行きたいと言ったスキー組に異も唱えず付いてきて、転びながらも無難に滑る大健闘。かなりの上達振りを見せてくれました。

 私も去年行けなかった分、存分にスキーを楽しむことができました。雪質も良く、コースも適度でだいぶ良い感じのスキー場でした。難があったのはお金のない私と全員共通の筋肉痛。帰って来た今日と明日は何かをするたびにうなされそうです。実際、先ほどまでベッドから起き上がれず、トイレに行くに行けない状況だったりしてました。なんていうか、若くないもんですねぇ。怖いものです。
 とりあえず、体を起こすのに痛みが伴うのはやめてほしい・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/126-57bff219
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。