上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだか、警官が10mに一人いる物々しさ。そんな11月14日の夜、京都の町。

さすがです、ブッシュ大統領。


さて、ちょっと用事があったので、京都市バスに乗車。京都駅から東山通りを通っていくルートのバスでした。

利用した方はわかると思いますが、京都市バスの後ろから2列目は2人掛けの席。その窓側に座っていたのですが、途中席を立ったおじいさんの代わりに隣の席に座ったのは外国人さん。
観光地京都のバス内ではさして珍しい光景ではなかったので、ちら見しただけで読んでいた本に目を落とした私でした。

どこだかのバス停で自然と立ち上がった外国人さん。乗ってきた乗客2,3人と入れ替わりにして、入り口から下車。

そのまま自然な感じにバス後方に歩いていった外国人さん。




疑問に思うのにちょっとした間が必要だったくらい

ドアが開いたのだから、出れるのが当たり前という感じで

違和感の欠片だけを残して


自然に降りていったアレは、無賃乗車と言うのではないか、と


そんな秋の夜長の京都市バス。あれが日本人なら、ダメじゃんとか思えるのだけど、外国人だとなぜか仕方ないような感を否めないロジック。
外国のバスは乗るときにお金を払ったりする場合もあるみたいですが、そんな感じだったんだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sangerhilsen.blog7.fc2.com/tb.php/110-212f465e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。