上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.29 びっくりした
本当にびっくりした

やきべん


こっちのコンビニでこんなものを発見するとは思わなかった。

さぁ、みんなも食すのだ。北海道発「焼きそば弁当(中華スープ付)」を!!
スポンサーサイト
2005.10.24 誤差
飲み会でした。チューハイがつらいんですよぅ(つДT)


駅のホームでの出来事です。電車が来るのを待っていたんですね。
で、電車到着。

(車掌さん)
「停車良し。停車位置良し」

(推定5歳のお子様)
「良しじゃないわ。50cmずれとるやろ」

50cm?
相変わらずJRに対する世間の目は冷たいようです。
寒・・・


最高気温18度だと知っていて半袖と長袖の2枚しか来ていかなかった私がバカだったんでしょうが、なんか急に寒くなりましたね。

外に出るのが億劫です。

布団の外に出るのも億劫です。

あ~、もう一日中丸まってたいわ・・
2005.10.19 作成中
われらが犬ロボットの最重要パーツA

なつかしの

2005.10.17 理不尽
1.酒の席で

「酔っ払ってもガンダム運転して帰ればいいじゃない」


えぇ!?(゜∀゜;)

ていうか、何、それはどこから突っ込めばいいんですか?
ガンダム開発チームからパイロットに格上げ?しかも常備?帰宅するにもスクランブルですか!?
むしろ、
酒帯び運転
タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!?




2.また突然お呼び出しを喰らって

「だって、つばめといえば拉致監禁じゃん」


(´Д`;)
代名詞すか。

「じゃぁ、拉致換金で・・・」(メッセだった)

ごめん、お金に換えるのはヤメテ!!(゜∀゜;)




何気に「青樹つばめ」が周囲に浸透しているらしい。
本人としては別人のつもりで書き始めたブログ。HNも本名や呼び名とは無関係にして、このブログの中にだけ存在しているつもりで作った『彼』。しかし、最近だいぶ私の周りに影響してくれちゃっています。

上の事例もそんな感じ。過去の記事を読んでネタにしてくれちゃってます。まぁ、面白いんで大変結構なんですが。

カウンターはあんまり回らないくせに、結構読んでくれてる人多いようです。先日思いもよらぬところから「読んでます」と言われてびっくりしました。

いやはや、ますます下手なこと書けませんな。とか言って書きまくるんですな、こいつは。

さて、私の中の「青樹つばめ」氏。今度はいったいどんなところからネタを発掘してくるのやら。
なんかネットの調子が悪かったのか、ブログのサイトに繋げなかったここ一週間。

遅ればせながら、関西大会で金賞とることができました。
納得のいく演奏ができなかったからか、金賞の発表の前よりも後の方がドキドキしていた私。全国大会では悔いのない演奏をしたいです。
全日本合唱コンクール大学部門は

11月19日(土)
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
にて。
関西大会で応援してくださった皆様、引き続き全国大会でも応援よろしくお願いしますm(_ _)m


さて、
最近お金を使いすぎます。PCを新しくして以来、財布の紐がゆるんでる感じです。しょうがないからまたカレー(・ω・`)イエガカレークサイ
今月からお金使う機会が多いので、節制が必要ですね。


とか言って、また茅田砂胡を買ってしまった私。
「暁の天使たち」シリーズの6巻目。「天使の舞闘会」

carabannどんに
「なんか少女漫画みたいな絵とタイトルだな」って20051014233348.jpg
まぁ、言われた通りの表紙ですが
内容はSFとファンタジーの合作ですから。
甘い恋愛とは縁がないですから。

お金使わないで他の本も読みたいなぁ・・・
えぇやん


時間があったので買い物に行ってきました。私、SOUICHIROU部長、K平、ヘレソ、そしてゾーン迷門の5人組。まぁ、めずらしい面子でした。

>珍しくてもえぇやん

ゾーン化ってのは人間じゃなくなる特殊現象らしいんですが、説明すると面倒なので省略。>説明してもえぇやん
最近ゾーン化が進んだともっぱらのうわさの迷門くん、とりあえず帰るよりは面白そうだと付いてきたようですが、なんだか彼、ゾーン化して語彙力がイクラちゃんに毛が生えた程度に落ち込んだご様子。

もっぱら「えぇやん」「テラ~ス」「ブーン」の3種類しか発しません。>3種類でえぇやん
K平曰く、「5秒に一回『ブーン』が出てくる」そうです。>ブーンブーンブーン

買い物に付いて来ても、とりあえず面白そうに眺めたり試着してるのを眺めたり実際試着してみたら案外似合ってたりしてたんですが、
実際ブーンが止まりません>えぇやん

やめてくれと懇願すると、えぇやんで切り替えして、結局午後いっぱいゾーン化の脅威に晒されました。
 ブーン ブーン ブーン ブーン
以前書いたとおり、私あまり買い物に行かないのでそれはそれで疲れたのですが、なんか耳に
 ブーン ブーン ブーン ブーン
が張り付いてしまい、その疲れもかなりのものになった感じです。
 ブーン ブーン ブーン ブーン
まぁ、たまの休日、ブーンそれもコンクール前日だったりしますが、ブーン買い物を堪能したんで、ブーン良い気晴らしになったと思います。
って、うるせぇ(`Д´ )

・・・・・・

・・・・・・(`Д´ )

・・・・・・

・・・・・・(`Д´ )


>うるさくてもえぇやん

誰かこいつを止めてくれorz
2005.10.08 走れ犬型ロボ
実験で作るロボットが決まりました。

侃々諤々(?)の協議の末、

自動走行式犬型ロボット

に決定!!


プログラムにしたがって忠実に走ります!(予定
右に左に自由自在です!(予定
並み居る障害物をすいすい避けてくれます!(予定
落差があっても負けません!(未定
AIBOも顔負けの四脚走行です!(断念


ロボットのテーマは「スポーツ」でした。それでなんで犬が出てくるのかというと、「ドッグレース」ってのがあるじゃないですか。犬と一緒に走っていって、板を乗り越えたり、何かの下を潜っていったり。あれを表現してみようってことにしたんです。
理由は簡単。人間のするスポーツに比べて、力学解析がしやすいから・・・

だって走るだけですもの

四脚走行にしようかという案もでました。でましたが、モーターの数が足りないのと、材料がないのとで断念。
真っ直ぐ歩くだけなら割と簡単に設計できるんですが、左右に曲がるという動きを加えるととたんに難しくなりまして、予算と時間の関係上、結局タイヤで走ってもらうことになりました。

さて、問題はタイヤで走る外見だけ犬型のロボットの面白味です。プログラムにしたがってポールなんかを避けてくれるのは確定事項ですが、どれだけ面白いロボットになるかはコースやプログラム、その他の要素と、これからの設定しだいになりそうです。

我らが未生出のわんこの成長にご期待あれ(?)
2005.10.07 寝坊?
目が覚めた


12:24

講義開始時間12:30

遅刻じゃん!!飛び起きて急いで支度して、玄関を飛び出して


腕時計を見たら

08:54

なんかいろいろなものが体の中から抜けて行った金曜日の朝。


部屋の時計、電池切れかけてたらしい。普通に起きたはずなのにすごい損した気分でした。
来週月曜日、伊丹市立文化会館いたみホールで第60回関西合唱コンクールがあります。

私たちの団は大学部門Bグループ出場です。

毎日の練習で曲も煮詰まって来て、「あ、これいいな」って感じる演奏が増えてきました。
でも、通し練習なんかだと良い演奏を最後までもたせるのが大変です。だいたいどこかで崩れてしまって持ち直せないまま終わってしまいます。
ここまで来ると技術よりモチベーションが左右する時期なので、細かいニュアンスや曲の雰囲気を頭に叩き込みつつ、なるべく本番に近い精神状態を作り出して行きたいところです。

あとは精一杯やるだけ。満足できる演奏ができれば勝っても負けても悔いない程度にはがんばってきたつもりです。金賞全国大会出場が適えばなお良し。ぜひ全国大会の舞台で演奏してみたいです。

よっしゃ、つぶれない程度に気合いれますか。
先日の

ロボット作ります宣言以来



なぜか私はモビルスーツを作ることになっています。

もう前提条件らしいです。

2本足がダメならガンタンクを作れとか言われます。

モーター3つでもいいからとか無茶苦茶です。

卒論=国の極秘資料直行なんだそうです。

モビルスーツはいいからハロを作ってくれと言った後輩は心なしか真顔に見えました。

私は10週間で戦争兵器を作れる危険人物にならなくてはならないのでしょうか?



ところで、ハロってすごいですよね。金属でできてるように見えるのに、あんなピョンピョン跳ねたりして。たしか初代のハロは移動手段が回転しかなかったように記憶してますが、コーディネータは作るもんが一味違いますね。語彙力なんかは某ペットロボットに劣るみたいですが、あの運動性能は侮れないものがあります。

でもまぁ、あれが跳ねるっていうのは実際やってできないことはなさそうです。

万博に展示されていたロボットの紹介シリーズになりますが、跳ねることと自己回転移動を目的としたロボットが展示されたみたいです。
外観はロボットというより、針金製の球みたいなものなんですが、柔軟性のある金属テープで輪を作って、形状記憶合金のバネが内側に張り巡らされている感じです。

回転方法は次の通り。

バネに熱を加えると形状記憶合金なので変形して縮みます。
そうすると金属輪の一部が内側に凹みます。
そしたら当然、球はその部分を下にするように傾きます。
次にその隣の輪を・・・
とやっていけばコロコロ転がってくれるわけです。

ジャンプはこうなります。

回転方法と同じように一部を凹ませます。
ちょっと方法はわからないのですが、凹ませた部分を急激に元に戻します。
ちゃんと飛ぶように計算されているので、当然跳ねます。自身の倍ほどの高さくらいまで飛んでくれます。


現在研究段階中とのことですが、このロボット、非常に動きがトロいです。ジャンプも1分間に2回できればいい方といった感じです。
ハロと違って中身も詰まってないですし、それどころかスカスカじゃないと機能してくれません。
同じ動きでハロを作るのには無理があるかもしれませんが、動くハロ、いずれ似たようなものが存在するようになるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。