上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.28 受難
合宿前日にコンサートだぜコンチクショー


サークル仲間数名+近所のおばちゃん
による臨時混声合唱団でコンサートに出演。なんかフルートとかオカリナとかオペラとか昔話(?)とか節操のないコンサートでした。

ってことで朝から出発

自転車後輪空気抜け。出発ならず。しかたなく一番近所の空気入れ、大学までエンヤコラ。遅刻だぜ、ベラボーメ

さて、会場に到着。いきなりですが

疑問点その1
会場が酒屋

・・・?

酒遊館(だっけ?)という近江八幡にある酒屋さんっぽいところの元酒蔵だったらしい空間で演奏会。
主催者が盲目のフルート演奏者の方で、22回目だというコンサート。毎年場所が違うようですが、いろいろなツテで貸してもらったのだとか。当たり前ですが、いいホールとは言えなかったです。


疑問点その2
なぜかトリ

いや、つばめじゃないですよ。昨日のことですが、「私たち演奏最後なのでアンコールがあるかもしれません」とかなんとかおっしゃっていまして、急遽(今朝楽譜配布で)演奏曲を追加。もちろんぶっつけ本番。勘弁してください

(司会の方)
「初出場の団体がトリを飾るのは初めてかもしれません」

あ、そーなの


まぁ、ぶっちゃけほとんど練習もせずに本番を迎え、案の定できはよくなかったですが、なんとか終了。明日があるのでさて帰るかというところでパン!!とか小気味よい音が自転車の後輪から聞こえて来て、今度は帰宅を断念。あきらかに尋常じゃないパンクのしかただったので、後輪を交換するために自転車屋へ。なんか今日はついてねぇやな。

明日から愛知県のどこだかで合宿。なんか歌いっぱなしだぞな。
スポンサーサイト
2005.08.23 北海道限定
今日友達から

「北海道でガラナコーラっていうのがよく売れてるってホント!?」

というメールが送られてきました。


・・・ガラナコーラ?
うーん。あまり聞きなれないので検索かけてみる
広島?


よく売れているかどうかはともかく、ガラナと言えば私にとっては

キリンメッツガラナ

すでに響きがなつかしいキリンメッツシリーズの北海道限定版。小さいころから好んで飲んでいたので、まぁ売れてるといえば売れているのかな?今でも北海道の店頭にはざらに見かけるはず。最近はガラナ自体が少し名の知れた存在になってきている様子です。ガラナって味が独特だから、慣れない人にはおいしくないかもしれませんがねぇ。

まぁ、気になる方はお試しあれ。
実家への往復路なんかで読んだ本。

1.デルフィニア戦記16巻 茅田砂胡 著
 もう定番?シリーズ最新巻。だんだん本屋で見かけなくなってきたんだよなぁ・・・

2.NHKへようこそ 滝本竜彦 著
 国営放送に見せかけてNippon Hikikomori Kyoukai との脳内戦争。
話題作ではありますが、見てて痛々しいかも。

3.長い長い殺人 宮部みゆき 著
 なぜかいろいろな人の財布の視点から描かれた複雑な推理小説。そういえば、デビュー作のパーフェクトブルーは犬の視点だったな。


あと、関係ないけどスターウォーズ見てきました。旧3部作が見たくなったよ・・・
誰か持ってないかなぁ。

暑い暑い暑い暑い暑い!!!



これで私がこのブログで『暑い』とのたまった回数は30回になった。今確かめたんだからまず間違いない。今もう1回書いたので31回だ。


実家から下宿先に帰ってきました。くだらない記録はさて置いても、北海道と滋賀の気温差は堪えます。窓を開けてりゃ寒くさえなりかねない実家、窓を開けても気休めにしかならない下宿。いやはや、北海道の一般民家に冷房がないわけだ。

さて、向こうの気温に浸かってきた私が今一番怖いのは暑さのリバウンド。避暑に向こうに行ったはいいものの、行く前より帰った後の方が暑いと感じるのは必至なわけで。とりあえず一週間、乗り切るかなぁ。

って、一週間したら合宿始まるわいな・・・
駒大苫小牧強いなぁ。

今年はそんなに上まで行かないだろうと思っていたのに、下馬評で五分五分だった相手に13-1で圧勝だったり、6点差をひっくり返す試合してくれたり。
今大会中失策0って高校野球じゃねぇよなぁ。林主将のプレーかっこいいわぁ。良い試合は見てて楽しいです。

しっかり高校野球観戦な夏休みモード。がんばれ駒大苫小牧。


北海道も満喫しましたし、そろそろ夜が寒くなってきたんで、滋賀のPCライフが恋しくなってきました。そろそろ帰ります。
2005.08.13 奇怪体験
なんか、奇妙な体験をしてしまいました。


寺参りに行くために車を運転していたんですが、なんだか前方車道が怪しいんですよ。前の車が前方に障害物も見えないのに次々と斜線変更してるんです。何かと思っていたら、車の影から人がフラフラ歩いてきてるんですよね。危ない足取りで車道をこっちに向かってくるんです。前の車はみんななんとか避けて通ったのですが、どうもその人車に抱きつこうとしているようで、急に車に向かって行くし、行動が読めなかった(というか、私ではどうも避けられそうになかった)んで停止。そしたら、案の定といいますか、私の運転していた車のボンネットに抱きついてきまして。離れないんですよ。
えぇ、そりゃもう、ワイパーなんかしっかり握りしめてぴくりとも。

前を走っていた父は「あ、取り付いた!」って感想漏らしたそうですが、まぁ、あながち間違いでも・・・

後から聞いた話、その人精神異常者だったらしいのですが、付き添いの人とうちの母さんが無理矢理引っぺがして路上に寝かせました。その間、車を動かすわけにもいかず、主要道路のど真ん中で立ち往生していたのですが、救急車を呼び、なんとか車を路肩に移動。

いやはや、車道のど真ん中でウィザードランプ点滅させて動かない車と、よく見るとその前方で倒れている女性。

どう見ても私が轢いたようにみえますよね。

そりゃもう、後ろから来る車、前から来る車、すべての人の視線がそんな感じで降り注いでいました。
人をはねたくせに、運転席でふんぞり返ってい(るように見え)た私は無責任野郎にでも見えたんでしょうかねぇ。あの場合、なんとか早めに車動かしたかったんで、外にはでれなかったんですが(^_^;;)
ちなみに、完全に停止していたので接触事故にはなりません。そのことを見てた人が救急車を呼び、私はもう行っていいよと言ってくれたので、その場を離れることに。まぁ、車邪魔だったんで。

その後どうなったかはわかりませんが、付き添いの人と少々話をしたらしき母からの情報では、どうも家から歩いて外に出てきてしまったらしく、その時付き添いだった妹さんも困り果てていたような感じだったそうです。そういえば、裸足でしたし、妹さん、困ったような怖がるような顔をしていました。この場合、誰が悪いとも言えないんで警察は呼びませんでしたが、身内の方、大変なんでしょうね。私からはなんとも言いがたいものがあります。

二度とこんな体験したくはありません。普通に怖かったです・・・
つれづれ旅行記富良野編。

ってか、1週間近く間空けて書いてますが・・・


旭山動物園へ行った後、近いからと富良野へ寄り道。せっかくだから季節外れのラベンダーを見てくることに。


ラベンダー

色々


1ヶ月ほど時期が遅かったのですが、それでも結構残っていたラベンダー。満開のときはもっとすごいそうです。ほかにも色とりどりの花を組み合わせた花畑がきれいなもんでした。

それより、もっとすごいのが匂いのほう。もともとラベンダーは観賞用ではなく、香水なんかを作るための花で、咲いているだけでそれはそれはすごい匂い。写真に匂いが写らないのが残念ですが写っていたら


こんな感じ?

ゴメン、ヤリスギタ


こんなアイス
がありました。右からラベンダーアイス、ラベンダーカキ氷、そしてとうもろこしアイス。もろ北海道って感じのアイス!!と言いたいところですが、写真一番左はコーンではなくかぼちゃ味。なんでかぼちゃ?って言いたいところですが、売るほうもいれば買うほうもいるもんです。なぜかかぼちゃ味に手を出してしまった道民暦ン十年の我が親父どの。


さっそく試食。その1かぼちゃアイス。

・・・

ん~。まったり濃厚な何味だ、コレΣ(゜д゜;)
なんかよくわからないが口いっぱいに広がってくれる奇妙な味。しょうがないので

命名:かぼちゃのあとあじ味アイス

いや、かぼちゃアイスですがね。


続いて試食。その2ラベンダーアイス。

・・・

ん~。基本的にカキ氷のシロップってみんな一緒じゃねぇか!?(´д`;)
そもそも、ラベンダー味って何味だ!?(´д`;)
香りを楽しめばいいのか!?本物の匂いしかしない全展望一色ラベンダー
のこの場所で!?!?(´д`;)

結局、ブルーハワイ味イチゴ味をミックスしたんじゃねぇの?で落ち着いた我が家族。

・・・いや、わかってますよ。

さらに試食。その3ラベンダーアイス。

・・・

ん~。まったり濃厚北海道ミルク味


ダメダメじゃん!?!?(´д`;)



で、せっかくだからこういうところに行ってきました。

五郎さんの石の家

北の国から。
撮影に使われた五郎さんの石の家です。中を覗くこともできるので、ファンには結構おいしい観光スポット。途中が結構山道でした。


ドラマのままに

中もこんな感じにドラマの雰囲気をそのまま残してくれています。

まぁ、


私北の国から見たことないんですがね


昨日も友達と一緒に小樽へ行ったりと、今回なぜかほんと道内を巡った私。最近こういうの多いなぁ。

最後は動物園ネタ

2005.08.09 道央めぐり
徒然旅行記。なんか、旭山動物園と富良野にドライブというおもいっきしベタな北海道観光コースに行ってきました。
北海道ですが、最高気温33度と暑い日。でも、同じ33でも空気が涼しいんでそれなりに快適でした。


とりあえず、動物園へ。旭山動物園は最近急に有名になった、というか最近急に方針変えたみたいですが、そのおかげで全国的に人気が出た動物園。動物の習性を利用して自然と動いてくれるから、迫力あるシーンがたくさん見られると、そういうことらしいです。

まずはぺんぎん館。5分ほど並んだ割には10秒ほどしか眺めてられなかった水中トンネル。本来なら泳ぐペンギンを、空中に飛んでいるように眺められるはずが、案の定泳いでいるところもまともにみられず。
係の人が餌をあげる時間だとすごい動いてくださるそうですが、ペンギンに33度はきつかったということで・・・
とりあえず写真。

ペンギン視点で?


先生、ぼく動物園に人間観に来ました~。


休日は人気遊園地並に列ぶんでしょうが、十分に人だかりでございます。
ペンギン近い近い
でかペン
近い近い

さて、なんか普通の動物園っぽい気がしないでもないんで次。

あざらし館。縦の水槽を勢いよく泳いでくれるのが売りだとのこと。

来た!!
縦穴式

・・・写真じゃよくわかんないっすね。

下の方にいるやつが宣伝通り勢いよく通りすぎたんです。なかなかかっこよかったですよ。ごっつ混んでたんで、それだけ観て退室でしたが。


どんどん行きましょう。ほっきょくぐま館


ぐで

死んでる

白くまにもこの暑さはやばいんでしょうね。
念のため言っておきますが、白くまは北海道在住じゃありませんからね?>Iさん、Gさん。

今回餌の時間を観ることができました。餌係さん来ると急に動き出すんですよね。餌を投げ込むとちょうど客の目の前に飛び込んでくれるようになってます。
食事中!のはず

だから、写真じゃわっかんねぇよ( ・_・)


で、あとはおらんうーたん館を。
不思議住居
こんな、逃げ出すんじゃないかってくらい開放的な檻、というかむしろ遊具においとくんですから、たしかに画期的。見にくいですが、子供を抱えて綱を渡ってくれたところを見ることができました。
オラン
ウータン

真下はもう人だかりです。

でかうーたん

雄のウータンと握手しつつ説明してくれてるおにいさん。いわく、
「オランウータンは慎重な生き物なので、スラスラ渡ってるように見えて絶対落ちないように動いてる」そうです。

自重60kg~90kgのくせに握力400kgで体を支えてるんだそうです。むしろ、そんな能力を身につける進化の慎重さが素晴らしい。


いや、さすが話題の動物園。なかなか堪能させていただきました。
ていうか、なんだ






ネタになってねぇじゃねぇかちくしょう
。・゚゚・・゚゚・(((ノдT)・゚゚・。


続きで挽回?富良野編(?)はまた今度
2005.08.03 帰郷
本日無事帰宅。


いやはや。気候学的(反論禁止)外国はすさまじいですな。

(ばあちゃん)
「最近寝苦しくてねぇ」

本日の最高気温22℃

ハァ!!?∑(゜Д゜ )


(ばあちゃん)
「今日は涼しいけど、湿気がすごいから」

ハァァァァ!!??
∑((゜Д゜;)(;゜Д゜))



本州の夜よる低い気温と、雨の日なのに空気の重圧感を感じない札幌よりお送りしました。
2005.08.02 憧れ
あんな音出してみたいなぁ

ちょっと、合唱ライフの目標ができちゃいました。
カーディナルシンガーズさん。ぶっちゃけあの場で大ファンです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。