上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書籍のマイリスト機能が新しく追加されたので、読んだ本で面白かったものをリスト化していこうかと思います。

とりあえず、2つほどアップ。レビュー書くのがめんどくさかった。
スポンサーサイト
2006.04.23 自堕落三昧
朝起きてからずっと本を読んでた。

午後10時半現在、続きが気になるので近くの本屋に出かけようと思った。

レポートが2つほどたまっている。
... 続きを読む
ひさしぶりにレビュー。

○大鷲の誓い デルフィニア外伝
茅田 砂胡著 C・NOVELS Fantasia

結局買ってしまった1冊。工場バイトしてる期間中、次の日朝から仕事があるとわかっていて深夜2時まで読みふけっていた中毒患者。
たぶん、デル戦読者はみんな似たようなことをしたと思われる。
過去の話+大鷲よりも白百合に視点が偏ってたのには意表を突かれました。

○Twelve Y.O.
福井 晴敏著 講談社文庫

最近映画化の嵐が続いていた「ローレライ」「亡国のイージス」etc.
の原作者福井晴敏の作品。なんか、デビュー作だけど、最初に書いた作品じゃないようなことが書いてあった。
内容は想像がつくと思いますが、完全に軍隊物。日本の自衛隊ならびに米軍基地関係の現状を皮肉ったような感じです。
基本的には「超人」VS「日米軍」に巻き込まれた一般人(?)の視点でストーリーが進みます。
ぶっちゃけ、私は軍事物苦手です。半分読み進めて食傷気味。同じ作者のほかの作品も手は出さない気がします。

他作品の「川の深さは」「亡国のイージス」とは続きものらしいです。


なんか、評判が良いので次はナルニアでも読んでみようかと。
2005.12.26 最近の
更新がなかったので、まとめて最近読んだ本。

○茅田砂胡シリーズ
 暁の天使たち1~6+外伝1、2巻
 クラッシュブレイズ1~4(続刊)

暁の天使たち2 暁の天使たち5 嘆きのサイレン スペシャリストの誇り

 表紙だけ見ると少女漫画っぽいですが(えぇ、そりゃもう何度も突っ込まれましたが)、中身は小説です。

デルフィニア戦記18
 最初に買ったやつはこんな感じだったので何の違和感もなく手に取ったんですが、文庫版で出ていないシリーズはライトノベル丸出しです。
 でもまぁ、面白いことだけは保障しときます。ワンピースなどを読んでる感覚で読める小説だと思います。(実際何人か茅田ワールドに陥れましたし(  ̄ー ̄))
 中身の説明については過去に何度もやってますが、フツウじゃない人たちがSFっぽい世界を舞台に大暴れする感じです。ハーレクインバイオレンスらしいです。
 ファンタジー系、アクション系が読める人、ぜひ手にとってください。あっという間に散財すること(全部で30巻くらいある)請け合いです。

 そういえば、デルフィニアの外伝が出るそうですね。「大鷲の誓い」なんて副題出されると、誰が主役か丸わかりです。今から楽しみです。
あ、でも文庫じゃないんだろうな・・・
出ても単行本の数ヶ月後なんだろうな・・・
文庫に統一したいの半分、早いところ読みたいの半分。いや、ないな。せいぜい1:3くらいか・・・
うん、読みたいさ



○バッテリーⅣ
 あさのあつこ著バッテリーシリーズの4巻目。

バッテリーⅣ

 これはどんな人にでもお勧めできる熱い本です。文庫版で買い始めた私は4巻目の発売を半年以上待っていたような気がします。3巻がいつでたかわからないですが、毎月本屋の店頭で
「まだ出ていないのか」
とか思いながら、茅田 砂胡の方に行ってました。まだ読んでる途中ですが、早く続刊が見たいところです。

 あさのあつこさんの本は他のシリーズも興味があるのですが、まだ手は出していません。No.6とか読んでみたいです。
 とりあえず、茅田さんが一段落したので、次はこっちの方行ってみそうな感じです。


 こうしてみると、私はシリーズ物が好きなのかと認識せざるを得ないようです。
 たしかに、読みきりの小説なんかだと、そこですっきり完結してるはずなのに、主人公のその後が気になったりしてしまいます。たまにある、あたかもまだ続きがあるような終わらせ方をする物語は気になってしょうがなくなります。ぶっちゃけ、18巻続いたデルフィニア戦記ですら続きが気になってます。外伝大いにありがたいです。
 まぁ、だらだら続いてつまらなくなるよりましなんでしょうが、続きがあるという感覚はなんとなく嬉しいです。出版社の思惑にはまりまくりです。

 とりあえず、演奏会も終わりましたので時間とお金に余裕の出てくるころです。また本棚のスペースが消えていくことでしょう。



○別件
 今日の夜から1泊4日のスキー旅行です。学科の連中と行って参ります。昨年、行きたかったのに行けなかったのでガンガン滑ってこようかと思います。
2005.09.22 デル戦中毒
17巻ゲッツ。

4時間くらいで読んでしまったのは計算違いでしたが、これであと1巻。最終巻も楽しみにしてます。

あと少しという割には別れを感じさせないストーリー。新書で読んでいた読者には、リィがいなくなるなんて思わなかったかもしれませんね。
私は「暁天」先に読んでしまってるんで、そこはちょっと損したかも・・・

さて、ますます人間離れ(?)してますリィ。レティとの勝負もお預けですし、最終巻も暴れてくれそうです。
一方、私の大好きなウォル様。続刊以降には出てくる気配が微塵もないので寂しいところ。華々しくラストを飾っていただきたいものです。

中毒症状は治まりそうもありません。つばめでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。